キュウリウオ目

アユ

アユの写真

キュウリウオ目キュウリウオ科アユ属

アユ(学名:Plecoglossus altivelis)

成魚の全長は30cm、地域差や個体差がある。若魚は全身が灰緑色で背鰭が黒、胸びれの後方に大きな黄色の楕円形斑が一つある。秋に性成熟すると橙色と黒の婚姻色が発現する。体型や脂鰭を持つなどの特徴がサケ科に類似する。口は大きく目の下まで裂けるが、唇は柔らかい。歯は丸く、櫛(くし)のような構造である。

北海道・朝鮮半島からベトナム北部まで東アジア一帯に分布し、日本がその中心である。石についた藻類を食べるという習性から、そのような河川に生息し、長く大きな下流域をもつ大陸の大河川よりも、日本の川に適応した魚である。

アユ(動画)出典: Nobeoka Marine Service
好きなお魚のリクエストコーナー