ツノザメ目

ダルマザメ

ダルマザメの写真

出典:「動物好き集まれ!~生き物宇宙紀行~

ツノザメ目ヨロイザメ科ダルマザメ属

ダルマザメ(学名:Isistius brasiliensis

体長30~50cm。深海に生息する、比較的珍しいサメ。普通水深1,000mより深い海に生息する。熱帯、亜熱帯海域の水深80~3,500m間で採集の記録がある。夜になると獲物を求めて比較的浅い水深にまで上がってきて、様々な獲物を狙うようになる。

体色は背側が茶色、腹側は白色。体形は葉巻型で、いずれの鰭も小さく、背鰭は身体の後方に位置する。臀鰭(しりびれ)は無い。腹面に発光器を持ち、淡緑色の生物発光をする。これはカウンターイルミネーション(Counter illumination)といい、下方から見たときに表層からのわずかな光に溶け込み、自分の影を消すという効果がある。

イカなどを常食とするが、自分よりはるかに大きい動物をも攻撃し、生きたまま体表の一部の肉を削り取って食べるという特異な生態を持つ。すなわち獲物の体表に噛み付き、体を回転させることで肉塊を食いちぎると、まるでディッシャーで掬い取ったようにきれいな半球形に窪んだ傷跡ができる。これを可能にしているのは、ダルマザメの口の強い吸引力と下顎の鋭いのこぎりのような形状の歯列である。

餌の対象となるのはカジキやマグロ、クジラ、イルカなど大型の海産魚および海産哺乳類である。ダルマザメの攻撃は、大型の動物に致命傷を与えるには至らず、生き延びることができるので、それゆえマグロなどがこの独特な傷跡を残したまま市場に並べられることも少なくない。

サメとしては小型の体格でありながらも、自分よりも大きくて力の強い大型の動物から食物を得ることができるダルマザメの戦略は、餌の少ない深海という環境に適応した一つの手段と言える。大型動物を攻撃しても致命傷を与えるに至らないので餌の枯渇を招くこともないためダルマザメにとって非常に有効な戦略といえる。

捕獲記録から、日に3kmもの日周鉛直移動を行うことが分かっている。日中は深度1,000~3.700mにいるが、夜は85mにまで浮上する。だが海面にまで出ることは珍しい。他のヨロイザメ類と比べ低い溶存酸素量にも耐える。島の周辺でよく見られるが、これは繁殖のため、または大型の獲物が集まるためと考えられている。

体形は葉巻型で、短く丸く膨らんだ吻がある。緑色の大きく丸い眼が頭部前方にあるが、広範な両眼視能力はない。眼後方の頭部上面に大きな噴水孔がある。口は短くほぼ真横に伸び、伸縮する吸盤状の唇に取り巻かれる。上顎の歯列は30~37個、下顎は25~31個で体サイズと共に増える。上顎と下顎の歯は極端に異なる。上顎の歯は小さくて細く直立し、1本毎に滑らかに尖るのに対し、下顎の歯は大きくて幅広くナイフ状で、全ての歯が連動して鋸のような刃を構成している。

体色は暗褐色で腹側は僅かに明るく、鰓(えら)周辺に”襟”のような黒い帯がある。鰭の縁は透明だが、尾鰭の縁は暗い。複雑な発光器が首元を除く腹側を密に覆い、鮮緑色に発光する。雄は最大で42cm、雌は56cmほど。

大型の獲物の体組織を丸く噛み取ることがよく知られているが、小型の獲物を丸ごと食べることもあるため、通性外部寄生生物であるといえる。小さな鰭と弱い筋肉を持つ待ち伏せ型捕食者で、ほとんどの時間を水中に漂って過ごす。大きな尾鰭により、高速で移動する獲物に瞬時に襲いかかることができる。

歯はよく生え変わるが、下顎の歯は1つずつではなく一度に抜け落ちる。計算上、14cmのダルマザメが50cmになるまでに下顎の歯は15回生え変わり、435~465本の歯が抜け落ちる。カルシウムを再利用するため、抜けた歯は飲み込まれる。普通のサメの網膜は網膜神経節細胞が水平線状に集合するが、このサメは円状に集合し、前方の獲物を注視しやすい。群れで揃って泳ぐことが知られており、疑似餌(下の節を参照)の効果を増大させるだけでなく、大型捕食者からの反撃も防いでいる。

ダルマザメ(イラスト)
好きなお魚のリクエストコーナー