コイ目

ドジョウ

ドジョウの写真

コイ目ドジョウ科ドジョウ属

ドジョウ(学名:Misgurnus anguillicaudatus

日本の平野の水田や湿地などに全国的に生息している。中国大陸、台湾、朝鮮半島にも分布するほか、日本をはじめとした東アジア地域では食用魚としての養殖も盛んに行われている。日本の固有亜種。

雑食性で、ユスリカの幼虫などを主に摂食する。体は細長い円筒形で、全長は10~15cm。口ひげは上顎に3対、下顎2対で合計10本ある。このひげには味蕾(みらい)があり、食物を探すのに使われる。えらで呼吸するほか、水中の酸素が不足すると、水面まで上がってきて空気を吸い肛門から排出する、腸呼吸も行うが、腸呼吸は補助的な酸素取り込み手段であり腸呼吸だけでは生存のための必要量を摂取できず死亡する。この腸呼吸の際の酸素の取り込みは腸管の下部で行われる。体色は茶褐色で、背部に不明瞭な斑紋を持つものがほとんど。

個体差はあるが、危険を察知した際や水温などの条件によって水底の砂や泥に潜ることがあり、飼育下ではこの特徴が災いして水槽内の水草をことごとくほじくり返されることがある。体表面のぬめりが強く、水が汚れやすい。

ドジョウは水田に多く見られ、古くから農村地帯で食用に用いられていた。江戸時代から戦前にかけては東京郊外の水田でいくらでも獲れ、低湿地で水田が多かった東京の北東部地域の郷土料理となっている。中部地方(長良川など)では「のぼり落とし」と呼ばれる漁罠を用いてドジョウを捕らえた。現在の日本ではドジョウを食用にする習慣は少なくなっているが、ドジョウは昔から俗に「ウナギ一匹、ドジョウ一匹」とも言われ、わずか1匹でウナギ1匹分に匹敵するほどの高い栄養価を得られる食材とされている。

好きなお魚のリクエストコーナー