ニシン目

エツ

エツという魚

出典:「ファンファン福岡

ニシン目カタクチイワシ科エツ属

エツ(学名:Coilia nasus

成魚は全長30cm~40cm。体は植物の葉のように前後に細長く、左右から押しつぶされたように平たい。全体的にはナイフの刃のような外見である。尾びれは小さな三角形で、ほぼ尻びれと連続している。顔つきや鱗などは同じ科のカタクチイワシに似ているが、長く伸びるひれの形状もあって、外見はかなり印象が異なっている。

黄海、東シナ海の沿岸域に分布する。 日本での分布域は筑後川河口域を中心とした有明海。ムツゴロウやワラスボなどと同じ大陸系遺存種と考えられている。

清んだ透明度の高い水域よりも、大河から流入したシルトや粘土が激しい潮汐によって濁って見える水域を好む。動物プランクトンをえらでろ過して捕食する。

産卵期は初夏で、産卵を控えた成魚は川をさかのぼり、夕方に直径1mmほどの浮性卵を産卵する。た日本でのエツの繁殖地はほぼ筑後川に限られ、他の河川で産卵することは少ない。

卵は川を流れながら1日以内に孵化するが、塩分が濃い所まで流されると死んでしまう。稚魚は秋まで塩分の薄い汽水域にとどまって成長し、冬には海水域の深場に移る。寿命は2年から4年ほどで、産卵した親魚はほとんど死んでしまう。

エツの日本での分布は狭く、絶滅危惧II類 (VU)(環境省レッドリスト)に指定されている。筑後川ではエツの繁殖や成長に適した水域が半減した上、食材として重宝されるために乱獲もされている。エツの漁獲量は1980年代から減少していて、沿岸漁協による放流なども行われているが、改善はあまり進んでいない。

エツ(イラスト)
エツ(写真)
出典:市報さが
好きなお魚のリクエストコーナー