スズキ目

キハダ

キハダという魚の写真

スズキ目サバ科マグロ属

キハダ(学名:Thunnus albacares

全世界の熱帯・亜熱帯海域に広く分布するマグロ。日本ではキハダマグロとも呼ばれる。

成魚は全長239 cm・体重200 kgに達する。マグロ属8種の中ではミナミマグロ、メバチと並ぶ中型種である。ただし、熱帯海域では全長3 mに達するとした文献もある。日本近海産は熱帯産よりも小型で、大きくても全長1.5 m、体重70 kgほどである。

第二背鰭と尻鰭が黄色で、成長につれ鎌状に伸長する点で他のマグロ類と区別できる。老成個体ではこの二つの鰭が頭長より長く、糸状に伸びる。体色もいくらか黄色を帯びる。また、クロマグロやメバチに比べると体型が比較的前後に細長い。

若魚は体側に後方へ向けて下がる斜めの白い縞模様がある。若魚は第二背鰭と尻鰭が短いので他種との区別がつけにくく、特にメバチの若魚とよく似ている。

キハダ(成魚) イラスト
キハダ(幼魚)写真

キハダ(幼魚) イラスト
好きなお魚のリクエストコーナー