スズキ目

コガネキュウセン

コガネキュウセンの写真

スズキ目ベラ科ホンベラ属

コガネキュウセン(学名:Halichoeres chrysus)

体は長い楕円形で側扁し、吻はとがっていて、口は小さい。全長10 cm程になる。
尾びれの後ろ縁はやや丸く、背びれとしりびれの後縁はとがっている。

日本から東シナ海などに分布ている小型のベラ。国内では伊豆半島辺りより南に分布している。

体色は、黄金色をしている。若い個体では背ビレに3つ、尾柄部に1つの黒点がある。成長したオスは背ビレ前端のものを除き黒点がなくなり、眼の周囲に薄赤い隈取模様がでる。多くは単独で行動し、小さな個体は転石の近くなど隠れやすいところを好む。

サンゴ群落近くの砂地で見られるキュウセンの仲間。 浅い岩礁域やサンゴ礁域、砂礫底などに生息している。表層から水深10~20m程のところで多く見られる。小さな群れで生活しており、小型の甲殻類や底性の無脊椎動物などを食べている。

他のべラ類のように、雌性先熟の性転換を行う。

コガネキュウセン(動画) 出典:動くお魚図鑑
好きなお魚のリクエストコーナー