スズキ目

マアジ

マアジという魚の写真

スズキ目アジ科マアジ属

マアジ(学名:Trachurus japonicus

成魚の全長は50cmに達するが、よく漁獲されるのは30cm程度である。側線は体の中ほどで下方に湾曲し、尾まで延びている。鰓蓋(えらぶた)上縁に一つの黒色斑がある。背側は緑黒色で腹側は銀白色、中間域は金色である。

体色と体型は、浅海の岩礁域に定着する「居つき型(瀬付き群)」と、外洋を回遊する「回遊型(沖合回遊群)」で異なる。居つき型は全体的に黄色みが強く、体高が高い。一方、「回遊型」は体色が黒っぽく、前後に細長い体型をしている。東京湾沿岸では居つき型を「キンアジ」「キアジ」、回遊型を「ノドグロ」「クロアジ」などと呼んで区別している。

関西ではマアジを赤アジ、ムロアジを青アジとも呼ぶ。

北西太平洋の固有種で、北海道から南シナ海までに分布する。特に日本海や東シナ海で個体数が多い。

回遊型は沿岸から沖合の中層・底層を群れで遊泳する。季節に応じた長距離の回遊を行い、春に北上・秋に南下する。一方、居つき型は浅海の岩礁付近に定着し、季節的な回遊をしない。食性は肉食で、動物プランクトン、甲殻類、多毛類、イカ、他の小魚等を捕食する。

産卵期は地域の気候によって異なり、東シナ海では1月だが北海道では8月となる。産卵数は全長20cm台のメスが約10~30万個、全長34cm以上で36~56万個に達する。卵は直径0.8~0.9mmの分離浮性卵で、40時間ほどで全長2.5mmの仔魚が孵化する。幼魚は流れ藻に付くことがあり、内湾の浅い海でも見られる。2~3年で成熟し、寿命は最長12年という記録がある。

マアジ(動画)
好きなお魚のリクエストコーナー