スズキ目

ソラスズメダイ

ソラスズメダイの写真

スズキ目スズメダイ科ソラスズメダイ属

ソラスズメダイ(学名:Pomacentrus coelestis)

体高は低く長楕円形、体長は7~8cm。基本的に体色は、前上部が青色、後下部が黄色となるが、黄色の範囲や色の濃淡には地域や環境によって個体差がある。

沿岸の岩礁やサンゴ礁に生息する。5~9月に岩の割れ目などに産卵する。

海中を漂うプランクトンを捕食する。カイアシ類に属する動物プランクトンとなっている。

多くの個体が共同して、縄張りに侵入してきた捕食者を追い払うモビング(擬闘)行動が知られている。

産卵期は5~9月で、卵は転石の下に産みつけられ、雄がそれを保護する。

千葉県・新潟県以南、西太平洋の暖海に分布する。

ソラスズメダイ(
好きなお魚のリクエストコーナー