スズキ目

トビハゼ

トビハゼという魚の写真

スズキ目ハゼ科トビハゼ属

トビハゼ(学名:Periophthalmus modestus

トビハゼの成体は体長10cmほど。体は灰褐色で小さな白点と大きな黒点のまだら模様がある。眼球は頭頂部に突き出て左右がほぼ接し、平坦な干潟を見渡すのに適応している。同じく干潟の上を這い回る魚にムツゴロウもいるが、トビハゼの体長はムツゴロウの半分くらいである。また各ひれの大きさも体に対して小さい。

汽水域の泥干潟に生息する。春から秋にかけて干潟上で活動するが、冬は巣穴でじっとしている。干潟上では胸鰭で這う他に尾鰭を使ったジャンプでも移動する。近づくとカエルのような連続ジャンプで素早く逃げ回るので、捕えるのは意外と難しい。食性は肉食性で、干潟上で甲殻類や多毛類などを捕食する。潮が満ちてくると、水切りのように水上をピョンピョンと連続ジャンプして水際の陸地まで逃げてくる習性がある。

通常の魚類は鰓(えら)呼吸を行い、代謝によって発生するアンモニアを水中へ放出する。このため空気中では呼吸ができない上にアンモニアが体内に蓄積され脳障害などを起こす。しかし、トビハゼは皮膚呼吸の能力が高い上にアンモニアをアミノ酸に変える能力があり、空気中での活動が可能。

産卵期は6~8月で、オスは口から泥を吐いて泥中に巣穴を掘り縄張りをつくり、メスを呼び込んで産卵させる。孵化した仔魚は水中で浮遊生活をし、全長15 mmほどに成長すると干潟へ定着する。寿命は1~3年。生後1年で全長5cmとなるが、オスの大部分はここで繁殖に参加し、繁殖後は死んでしまう。一方、メスは生後2年で全長7~9cmまで成長し、繁殖に参加する。

日本・朝鮮半島・中国・台湾に分布し、日本では東京湾から沖縄本島まで各地の泥干潟で見られる。分布の北限は東京湾の江戸川放水路河口や谷津干潟。

なおムツゴロウは日本では有明海・八代海だけに分布するのでこの点でも区別できる。

トビハゼ(写真)
トビハゼ(イラスト)
トビハゼ(動画)
好きなお魚のリクエストコーナー