トビエイ目

ウシバナトビエイ

エイという魚の写真

トビエイ目トビエイ科ウシバナトビエイ属

ウシバナトビエイ(学名:Rhinoptera javanica

西太平洋とインド洋に分布し、日本では小笠原や沖縄で見ることができる。体長は最大100cm。サンゴ礁域を群れをなして泳ぐ。頭部の下面には胸鰭(むなびれ)の前端がつきでて、半円状の頭鰭を形成している。尾は細長くむち状で背鰭の後ろには毒棘(どくとげ)がある。

名前の由来は顎下の頭鰭が牛鼻のような形をしていること。
集団で生活している。 顎下にある半円状の頭びれを大きく動かし海底の砂を巻き上げ、砂底に隠れている貝や甲殻類を採食する。

好きなお魚のリクエストコーナー