スズキ目

ワラスボ

ワラスボの写真

スズキ目ハゼ科ワラスボ属

ワラスボ(学名:Odontamblyopus lacepedii

成魚は全長40cmに達し、オスの方が大きい。体形はウナギのように細長く、背鰭・尾鰭・尻鰭も繋がる。体色は青みがかっており、青灰色や赤紫色にも見える。目が退化しており、頭部にごく小さな点として確認できるのみである。上向きに開いた大きな口には牙が並んでいるが、噛まれてもあまり痛くはない。鱗も退化しており、体の前半部に円形・後半に楕円形の鱗が散在する。

ハゼ科の魚ではあるが、腹鰭が吸盤になっていること以外はハゼに見えないような外見をしている。チワラスボに似ているが、チワラスボは下顎に3対の短いひげがある点で区別する。

日本、朝鮮半島、台湾、中国に分布し、日本では有明海奥部の軟泥干潟のみに生息する。ムツゴロウやハゼクチなどと同じく、中国大陸と九州が陸続きだった頃に有明海へ定着した大陸系遺存種と考えられている。

干潟の泥中に巣穴を掘って住み、潮が満ちると海中に泳ぎだす。食性は肉食性で、小魚や貝類、甲殻類、多毛類など小動物を幅広く捕食する。

産卵期は夏で、巣穴の壁に長径2.3~2.6mmの水滴形の卵を産卵する。3日ほどで全長3.3~3.5mmの仔魚が孵化する。仔魚は一般的な魚のように大きな丸い目と水平に開いた口を持つが、成長するにつれ目が退化し、口が上向きになり、牙が発達する。

ワラスボ(写真)
ワラスボ(動画)
好きなお魚のリクエストコーナー